永代供養墓の特徴について

  • 改葬には注意点もある

    • お墓参りに行きたいけれど遠方に住んでいるのでなかなか行けないという場合や、お墓が田舎にあった管理が大変だと言う場合、お墓の引っ越しである改葬を検討すると良いでしょう。

      また、最近では子供に負担をかけたくないという理由や、お墓を守る人がいないという理由で改葬をする人も増えてきています。

      NAVERまとめの正しい情報を手に入れましょう。

      墓石の移動は物理的には可能なのですが、条約によって制限されることがありますし、費用がかなりかかってしまうこともあるので注意しましょう。


      多くの霊園では新規での墓石建立を前提として墓地を販売しているため、外からの墓石の持ち込みを禁止しています。しかし、中には持ち込みを許可している霊園もあるため、問い合わせてみると良いでしょう。



      ちなみに、墓石の撤去だけでなく搬送の際にも費用がかかってしまうのですが、墓石の大きさや搬送距離によって費用が異なるのでしっかり確認することが大切です。
      また、搬送中に墓石にヒビが入ってしまうことなどもあるかもしれません。



      そのため強い考えと費用の余裕がない場合は、墓石を移動させる方法は選ばない方が良いでしょう。


      ちなみに、先祖代々のお墓を改葬することは親族全体の問題となるため、なかなか親族から賛成を得られないこともあります。
      その場合は丁寧に話し合いをすることが大切であり、親族同士でのトラブルを避けるようにしましょう。


      親族それぞれが大切にしているお墓であるため、納得できる方法を見つけることがポイントです。