永代供養墓の特徴について

  • 樹木葬のやり方について

    • 樹木葬とは花や木など樹木を墓石代わりにする自然葬の一つです。
      墓石を買うとなるとそれなりにお金がかかりますが、樹木葬だと低費用ですみますし、宗教に縛られないというメリットがあります。

      一般的に土地と墓石費用を合わせて200万から300万円ほどが相場のところ、樹木葬の相場は30万円から70万円程度で済むのです。
      年間管理料が不要なところならその後の費用もかかりません。ただ、どこにでも遺骨を埋葬できるわけではありません。
      必ず行政の許可をとった霊園や墓地で行ないましょう。

      産経ニュース関連のノウハウを解説します。

      山に撒く場合は散骨といわれ、樹木葬の場合には埋葬することになります。

      里山型のところであったら自然の中でゆっくりと眠ることができます。


      ただ、墓標自体の場所が分かりにくくなったり、掃除やお参りが大変だったりということはあります。施設型を選ぶと個別に区画わけされているので管理はしやすいでしょう。一つの木の下に合同で眠るというタイプもありますし、霊園というよりも庭園という雰囲気のガーデニングタイプもあります。



      生前に予約することが出来、自分のお墓となる樹木を苗木から育てるということも可能です。普通はお墓は家族で入るのが一般的ですが、新しい形態のためペットと一緒に埋葬されたり、仲が良かった友人と埋葬されたりと本人の希望をかなえてくれるところもあります。
      遺骨を自然に還すため、骨壷なしに埋めたり土に分解されるタイプの骨壷が使われたりします。

      そのため遺骨は基本的に返っては来ないことは知っておきましょう。

      茨城の樹木葬の喜びの声を頂いています。