永代供養墓の特徴について

  • 墓じまいの流れについて

    • 少子高齢化が進み、墓の継承者がいないなどの理由から墓じまいを選ぶ人が増えています。墓の継承者がいない場合、管理してくれているお寺さんや、隣のお墓にも迷惑をかけてしまいます。


      雑草は伸び放題になってしまい、墓石もメンテナンスをしなければ見栄えが悪くなってしまいます。
      しかし継承者がいなければ、掃除やメンテナンスをすることができなくなるので墓じまいをして、遺骨を別の場所にうつして、墓石を撤去して更地にする必要があります。



      墓じまいの手順として、墓を今まで管理してくれていたお寺などに連絡をして了承を得ることから始めます。
      管理者から了承を得ることができれば、遺骨を取り出す前に魂抜きをするのが一般的です。



      魂抜きをしてから遺骨を取り出し、閉眼供養を行います。

      魂抜きや閉眼供養は、今までお世話になったお寺さんに依頼することが一般的でお布施を支払う必要があります。

      今探すならこちらのガジェット通信を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

      そしてそのお布施以外に、今までお世話になったお礼として5万円から10万円前後のまとまった金額を支払うようになっています。

      ただお寺によっては、墓じまいをするときにもう少しまとまった金額を請求されることもあるので、事前に話し合いをもつことが必要です。

      閉眼供養を終えたら、専門業者に依頼して墓石を解体して撤去、処分してもらい、お墓があった場所は更地にして管理者に引き渡します。

      取り出した遺骨は、永代供養として霊園に預けたり、散骨をして供養をすることが多いです。