永代供養墓の特徴について

  • 永代供養墓を活用するメリットとは

    • 永代供養墓が持つメリットとしては、まず、料金が安いことがあります。

      埼玉の永代供養墓に関するご質問を解決いたします。

      個々の墓石を必要としないために墓石代が不要となり、一般的な墓石建立に比べた場合には安く行なうことができ、概ね、30万円から80万円程度が相場となっています。
      寺院によっては10万円からの金額を提示しているところもあり、先祖代々の墓を守るために金銭的な負担が大きい人や、既に遺骨を抱えて困っている人などで、墓にあまり費用をかけられない人には適した方法となります。
      次に管理費が不要な点を上げることができます。

      一般的な墓の場合には、お布施や寄付金、定期的な墓地管理費などが必要になりますが、永代供養墓では一度料金を支払えば、これらの金額は不要となります。

      教えて!gooの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

      そのために、将来にわたって遺族に負担をかけたくて済むようになります。

      ただし、生前申込を行なった場合には注意が必要になり、この場合には亡くなるまでの間、年間管理費が必要となるところもあるために、確認をした上で申込を行なう必要があります。永代供養墓では、宗教、宗旨、宗派が問われないこともメリットの1つになります。



      寺院によっては檀家になることを条件の1つとして掲げているところもありますが、多くは、宗教に関して一切不問としており、ここでは、特定の宗教に属していない場合でも申込ができるようになっています。
      そのために、遠方の墓を近くに移したい場合や、通常の制度にこだわりたくない人、また、檀家になりたくない人でも安心して利用することができます。